公開日: 2021年12月28日 - 最終更新日:2021年12月27日

【美容師転職】コロナ禍で東京を離れて生活したい!

yuki otsukayuki otsuka
  • シェア
  • twitter

こんにちは、池袋スタジオの大塚です!

毎日、テレビをつけると「コロナ」ばっかりで嫌になりませんか?

コロナが流行り初めて、一年半が過ぎようとしています。

ワクチンを打てば、今までの日常が戻ってくるのでは…

という期待は外れ、デルタ株には3回目の摂取をしないと効かない恐れが…

なんて言われていますよね。

今の生活に嫌気がさしたりしませんか?

美容師にとってのコロナ禍と今までの日常との違い

コロナ禍になって随分たったので、コロナ前はどうだったか?

少し忘れかけてますよね?

友達や同僚とご飯を食べに行ったり、飲みに行ったり。

独身の方ならそういうのが毎日だったりしたのでは無いでしょうか?

お出掛けが多ければ、洋服や靴、バックなども新しい物が必要になり、買い物三昧の週末を送ったりしてませんでしたか?

でも、コロナが飛沫感染すると言うので、人との飲食がしづらくなり、人との接触が減りましたよね?

人と会わないと新しい洋服が無くても気にならなくなってきます。

そんなコロナ禍で人気になったのが、キャンプなどのアウトドアですよね。

一時は山を買った!なんて方をテレビで取材していたのを見ました。

確かに、回りに人がいなければマスクもしなくたって安心だし、深呼吸とかしたくなっちゃいますよね。

東京に居ると、外に出れば人だらけ…

マスク無しでは歩けません。

東京や大阪など主要都市がある地域は、人口が多い為にコロナの感染者が中々減りません。

 

美容師のあなたは今後どんな生活を求めますか?

旦那の実家が岩手と遠いのですが、田んぼや畑が有り、裏山まであって、田舎だけに土地が広いんですよ。

下町生まれ、下町育ちの私には驚きの生活で、コンビニに行くにも車が無いと行けない程、回りに何も無いんです。

何も無いから人も少ないんですよ。

敷地が広いので、家の前でバーベキューも出来るし、タープも張れるんです。

夏に行った時にバーベキューをしたくて一式揃えちゃいました(笑)

広い土地で、のんびり過ごしたいなぁ~。

なんて思ったりしませんか?

コロナ禍になってから帰省出来ないから余計に思うのかも知れませんが、実家でのんびり過ごしたいなぁ~なんて思ったりします。

実家がある方は、実家の側で仕事しながら、休みの日はのんびりしたい!

とか考えたりしませんか?

東京に居ると、ストレスが発散出来ないですもんね。

外に出られなければ東京に居る良さが半減します。

半減どころか、良い所がほぼ無いです。

仕事があるくらいですかね?

 

東京から離れる人が増えた

不動産業の方に聞いたら、コロナ禍になって、東京から離れる人が増えたそうなんです。

今、オンラインで仕事が出来るようになった方は、どんどん東京から出ていっているそうなんです。

オンラインで仕事をするので会社に行くのが月に数回行くだけになったから…

オンラインで仕事をする為に、書斎が必要になったから少し離れて広い家にお引っ越し…

と言うパターンが多いようです。

東京から少し離れるだけでも家賃が、ぐんと下がり、同じ家賃で一軒家に住めてしまったりしますもんね。

 

美容師の地方転職、ありかも?!

 

コロナ禍で東京から離れて仕事したいなぁ~。

とか思ったりしませんか?

 

美容室の仕事だと、実家に帰るとか県を跨いでお引っ越し…となるとお店を辞めて、また新しいお店を探さないといけないですよね?

 

スヴェンソンなら全国に店舗があるので、実家に帰るから仙台スタジオに転勤…

とか北海道スタジオに…など出来ちゃうんですよ!

北は北海道、南は福岡までありますよ!

長く働く事を考えたら、転勤しても同じ会社に居られた方が良いですよね?

年を追うと転職しづらくなりますからね。

興味を持っていただけたら年収診断からしてみませんか?

  • シェア
  • twitter
The following two tabs change content below.
yuki otsuka

yuki otsuka

入社11年目 5月生まれ O型
現在スヴェンソン池袋スタジオ勤務 メンズ技術者
子供が小さい為時短で働いています。
一人でも多くのお客様の笑顔を作るために楽しく仕事をさせてもらっています。
  • twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

月別アーカイブ