公開日: 2022年5月3日 - 最終更新日:2022年5月5日

フリーランスの美容師VSスヴェンソン!稼げるのはどっち!?

新井 豊新井 豊
  • シェア
  • twitter

最近よく聞くフリーランスの美容師。どんなメリットとデメリットがあるのでしょうか。またスヴェンソンとの比較もしてみました。

 

こんにちは。大宮スタジオ新井です!

最近は世の中の働き方はかなり変わってきています。同じく美容師の働き方も今と昔とでは色々と変わってきました。

今までは正社員として普通に雇用契約で働くのが一般的でしたが、ここ数年では面貸しや業務委託、つまりフリーランスで美容師として働き方が増えてきていて、美容師からの転職の選択肢のうちの1つになっています。

今回はそんなフリーランスの美容師のメリット、デメリット、スヴェンソンとの比較をしてみました。

 

フリーランスの美容師とは

フリーランスの美容師とは、美容室側で在庫管理や集客を行い、美容師が業務を委託される形で働く美容師の事です。

業務委託と面貸しがありますが、今回は業務委託の方メインでお話させて下さい。

美容師は個人事業主(フリーランス)としてお店に雇われずに完全歩合制で働きます。ですので、ある程度は勤務時間もお店に縛られず自由に決める事が出来ます。

集客も美容室側がやってくれるのでフリーのお客様に入客し、自分の指名に出来れば完全歩合制という事もあり上手く行けば普通の美容師より稼ぐ事も可能となります。

 

フリーランスのメリット

メリットとしては完全歩合制なので働けば働いた分稼げるという所です。

歩合の還元率も、普通の美容室だと指名で10~15%、フリーだと5~10%あたりが多いと思いますがフリーランスだと40~50%と一般美容室より非常に高いので自分次第でかなり稼ぐ事も出来ると思います。

また、勤務時間や休日を自由に決めることが出来るのもメリットの1つでしょう

通常美容室では火曜日定休が多いですが、土日祝日を休日にするという事も出来ます。

 

ここまで見るとフリーランスの美容師って歩合もいいし、自分の好きな時間に働けて、好きな曜日に休めて最高じゃん!と思うかもしれませんが当然デメリットもあります。

 

フリーランスのデメリット

まず固定給がありません!これが上での還元率の高さの理由です。

一般の美容室だと固定給+歩合制なので還元率が低くても、入客数が少なくても最低限の収入は見込めますが、フリーランスの場合それがありませんので怪我をしてしまったり入客数が少ないとそれがダイレクトに収入に反映されてしまうため給与が安定しないというリスクがありま

最悪「収入が全く無い」なんて事も…

また、社会保険がないので保険料や国民年金加入の手続き等を自分で全部やらなければなりません。

さらに個人事業主となるので開業届の提出や確定申告をしなければならず、自分の給料や経費、税金の支払いも全て自分で管理していかなければなりません。

他には研修や勉強会がほとんどない為スキルアップする機会が少ないです。

世の中の流行りや新しい技術を習得する機会が少ないのは技術職として十分デメリットと言えると思います。

 

その他フリーランスについての記事はこちら↓↓↓

https://www.kokokamo.jp/blog/f-post/4953/

 

スヴェンソンとの比較

フリーランスの美容師…個人的にはメリットよりデメリットの方が大きく感じてしまいました。

ここでスヴェンソンはどうでしょう。フリーランスのメリット、デメリットと比べてみましょう。

 

一般的な美容師やフリーランスと違って歩合制ではありませんが、固定給+各種手当てや毎年上がる年齢給により、確実に毎月安定した給料が入ります。

さらに年2回ボーナスがあるので年収を見ても完全歩合制より期待値は高くなると思います。

 

勤務時間も自由に決めれる訳ではありませんが完全予約制ですので終わる時間がはっきりしていますので予定が立てやすく、残業もほぼありません。

 

休日に関してもフリーランスは土日祝日休めますが、完全歩合制ですので土日祝日の稼ぎ時に休んでしまうと収入のマイナスに直結してしまいます。

一方でスヴェンソンは土日祝日はデメリット無しで普通に休めます。ここは固定給の強みと言えるでしょう。

 

なによりフリーランスの1番のデメリットは法的な手続きを全て自分でやらなければならないという所です。

スヴェンソンは正社員としての雇用なので年金、税金の支払いや確定申告等面倒な事は全て会社がやってくれます。

また、年金も国民年金ではなく厚生年金なので定年後にもらえる年金の額が全然違います。

 

国民年金と厚生年金の違いについてはこちら↓↓↓

https://www.kokokamo.jp/blog/atmosphere/5314/

 

まとめ

 

いかがでしたでしょうか。

改めて比べてみるとスヴェンソンは一般の美容師とフリーランスのいいとこどりしたハイブリッドだと言えるのではないでしょうか。

有給もありますし、退職金もあるので長い目で見た時に安定して稼げるのは圧倒的にスヴェンソンだと思います!

後は個人的には正社員なので厚生年金と面倒な法的な手続きを会社がやってくれるのは非常に楽です。確定申告なんかは忘れたら脱税になってしまいますからね。(笑)

美容師からフリーランスに転職しようか悩まれているのであれば1度スヴェンソンで働いてみてからでも遅くはないと思いますよ!

 

年収診断から簡単に出来ますのでまずはそこからでもやってみて下さい!

 

  • シェア
  • twitter
The following two tabs change content below.
新井 豊

新井 豊

入社13年目 現在は大宮スタジオでアーティストという役職として主に新規のお客様への技術対応をメインに業務を行っております。お客様の薄毛のお悩みに寄り添い、一緒に解決し、笑顔になってくださる姿を1番近くで見る事が出来るのでやりがいがあります!今はインタビューから全て1人でこなせるマルチなスタイリストを目指し勉強中です。
  • twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

月別アーカイブ