公開日: 2020年2月18日 - 最終更新日:2020年2月14日

美容師のキャリア「進める道が沢山ある会社」

スヴェンソン人事スヴェンソン人事
  • シェア
  • twitter

こんにちは。

スヴェンソン 人事部です。

 

今日はメンズウィッグスタイリストのキャリアについてお話ししたいと思います!

将来的にハサミを置くのか、第一線でずっとスタイリストとして活躍していくのか・・・

スヴェンソンでは様々な選択肢があります。

是非、参考にしてみてください(^^)

 

メンズウィッグスタイリストとして入社したら

スヴェンソンのメンズウィッグスタイリストとして入社すると、まずは10段階の技術課程合格に向けて研修を行います。

 

スタイリスト経験がある方は1年をかけて、

アシスタント経験のみの方は1年半をかけて技術を習得。

 

その間に一切入客しないという訳ではありません!

ご自毛のカットやシャンプー等、今まで培われた技術を提供しながら、プラスして新たな技術「編み込み式増毛法」や製品知識を身に付けて行きます。

 

ステップアップしたい時

スヴェンソンでは1年1度、全社員が「キャリアデザインシート」というものを提出します。

これは、5年後、10年後の未来にどのようなキャリアを歩いていきたいかを自身で申告するもの。

 

次のステップに進みたいという時には、誰もがこのシートでアピールすることが出来ます。

もちろん、それ以外にも面談時に上司に相談することも◎

 

自分が思い描く未来があれば、是非この機会にアピールしてくだい!

 

キャリアの選択肢

 

スタイリストとして経験を積み、次のキャリアを考えた時、スヴェンソンでは以下のような選択肢があります。

 

①アーティスト

現場(第一線)でメンズウィッグスタイリストとしてお客様への施術を極めて行く道。

 

②チーフスタイリスト(技術チーフ)

チーフとしてスタイリストをまとめ、お客様への施術もしながら、新人の方が自分の店舗に入社してきた時には技術指導も行う。

 

★チーフスタイリスト(技術チーフ)の真島さんの記事はこちら★

https://www.kokokamo.jp/blog/atmosphere/2354/

 

③サブマネージャー

マネジメントの道へ。

技術職から営業職へと変わり、売り上げ管理や新規のお客様対応を行う。

 

★サブマネージャーの飯塚さんの記事はこちら★

https://www.kokokamo.jp/blog/atmosphere/1986/

 

④マネージャー

店長として店舗管理を行ったり、

本社で店舗運営、製品開発などをするマネージャーもいます◎

 

★名古屋スタジオ|マネージャーインタビュー記事はこちら★

https://www.kokokamo.jp/blog/f-post/2044/

 

他にも、スタイリストから本社で製品管理や、研修担当になるスタッフもいます。

なんと現在のメンズ事業部 副事業部長も元々スタイリストだったんですよ♪

 

様々なキャリアの選択肢があるスヴェンソンでは、長く安心して、

且つ、上を目指していける体制も整っています!!

 

さいごに

いかがでしたか?

もちろんカットが好き、接客が好きで美容師になった方も多いと思います。

ただ、10年後、20年後の将来を考えた時、ハサミを置いてもステップアップしながらキャリアを積めるという選択肢があったら良いと思いませんか?

 

読んでみて、少しでもスヴェンソンに興味を持っていただけたら嬉しいです(^^)!

ご応募お待ちしています。

  • シェア
  • twitter
The following two tabs change content below.
スヴェンソン人事

スヴェンソン人事

スヴェンソン人事部

採用チームとして2人で会社雰囲気や制度をお伝えしていきます!
よろしくお願いします♪
  • twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

月別アーカイブ