公開日: 2021年1月25日 - 最終更新日:2021年1月24日

美容師の拘束時間、スヴェンソンと比較

真島和巳真島和巳
  • シェア
  • twitter

こんにちは、横浜スタジオの真島です。

以前のブログでもスヴェンソンに入社してからの働き方などのブログを書きましたが、

今回は美容室で働く美容師さんと比較して拘束時間や勤務時間に関して書いてみたいと思います。

 

長時間労働はブラック企業…?

日本では長時間働くことが評価されたり、長時間働くことが当たり前という風潮を感じる人も多いのではないでしょうか。

ここ最近では働き方改革により、長時間労働や残業時間に対し、法律で規制されるようになりました。

長時間働くことや残業に伴い拘束時間が長い職場は『ブラック企業』と言われるようになり、就活中の学生や転職活動を行っている人からすると『ブラック企業』はできる限り避けたいものですよね。

 

美容師の仕事も昔から『3B』と言われ、その理由の中で労働時間が長い割には給料が安かったりするので、結婚してはいけないランキングの上位常連でした、、、笑

 

(3Bに関する記事はこちら↓)

https://www.kokokamo.jp/blog/f-post/2280/

 

ここ最近では美容師さんの働き方改革も行っており、有給休暇の取得や労働時間や休憩時間の改正など緩和していると聞きます。

ただ私の家の近くの美容室では夜遅くまで残って練習していたり、朝早くから練習をしている美容師さんをチラホラ見かけています。

まだまだこういった風潮の美容室も多いようです。

 

比較してスヴェンソンの働き方は?

まずスヴェンソンでは平日と土日祝日で勤務時間帯が違い、どちらも休憩1時間以上取得することができます。

土日祝日に関しては17時45分に勤務が終わるので前職のときよりかなり帰る時間が早くなりました!

夏の時期などは外が明るい内に帰れてしまうので、プライベートも充実できています。

練習が必要なスタッフも、基本は営業時間内に行うようにしています。

お客様の施術が押したりしたときなどたまに残業をすることもありますが、遅くまで残ることはありません!

 

休憩がしっかり取れること・残業をほとんどせず帰れることで自分の時間をしっかりと作れます。

これぞホワイト企業!

 

最後に

プライベート時間を作り、質の高い仕事を是非スヴェンソンで行なってみませんか。

まずはLINEの登録・年収診断からお待ちしております(^^)↓

 

  • シェア
  • twitter
The following two tabs change content below.
真島和巳

真島和巳

横浜スタジオ勤務 技術チーフ株式会社スヴェンソン
2018年、販売士検定3級合格。
横浜スタジオにて、来店されたお客様のメンテナンスを行っております。
趣味:休日に家族とお出かけ。プロ野球観戦。
  • twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

月別アーカイブ