公開日: 2021年11月4日 - 最終更新日:2021年11月4日

立ちっぱなしの美容師ってキツいですね。。転職してメリハリをつけて働きませんか?

三木 喜行三木 喜行
  • シェア
  • twitter

 

こんにちは!

上野スタジオの三木です。

今回のテーマは美容師の営業時間立ちっぱなし問題についてです!

元々体力勝負の仕事とはわかっていても流石に長時間座れることができないというのはキツイですよね。

若いスタッフでも一日中立ちっぱなしはキツいですが、ベテランスタッフでも環境は同じで、座ることはできませんよね。

 

なぜ一時的に座ることができないのか?という点と

一般的な美容室とスヴェンソンで比較を行いながらご紹介をしていきます!

 

なぜ美容師は座ることができないのか?

どの美容室でもあり得るものが3点挙げられると思います。

まず1つ目にバックルームがそもそも狭くスタッフが座るスペースがそもそも無い。というものがあると思います。

限られた広さの店舗の中で、席数を増やすか、バックルームを広くするか、どちらを取るかというともちろん前者ですよね。

 

2つ目に、お昼休憩時間がそもそも固定されていなく、忙しくなると一日中立ちっぱなしになるという点があります。

 

3つ目に、美容室の悪しき習慣ではあると思いますが、新人が先輩の仕事中に裏で座っているなんてとんでもない。という考えが強く根付いていることがあると思います。

 

この3点はどの美容室でもかなりの割合で当てはまると思います。

 

スヴェンソンの美容師に転職した場合

上野スタジオでは、バックルームがかなり広く確保されています。もちろん一人一人に座席が必ず用意されています。

会社が従業員のために働きやすい環境を整えてくれていると感じます!

 

そして予約を完全予約制となっていますので、お昼時間は固定の時間に必ず取れるようになっています。

平日では1時間30分も休憩がもらえるんです♪

しっかりと休んで午後の営業に臨むことができますよ!

 

完全予約制についてはこちらの記事でも紹介しています。こちらもご覧ください。

https://www.kokokamo.jp/blog/f-post/5624/

 

スヴェンソンでは完全個室となっていますので、そもそも先輩の仕事を見ることができません(笑)

お客様のプライバシーもありますから仕方のないことです。

 

新人の研修期間でも事務的な作業はありますから、その際はバックルームで座りながら仕事ができますよ!

 

まとめ

スヴェンソンではほぼ立ちっぱなしということは無く、しっかりメリハリをつけて働けますよ!

1.バックルームが広く、一人一人に座席が必ずある。

2.お昼休憩が必ず確保されている。

3.先輩の仕事を見る必要が無い、そもそもプライバシーの関係で見れない。

(しっかりと営業時間内で技術研修を行いますから安心してくださいね♪)

 

この3点があることで、一日中立ちっぱなしということはありません!

 

スヴェンソンで身体的にも余裕を持ちながら一緒に働きませんか??

この記事を見て下さって興味が出てきましたら、まずは年収診断からいかがでしょうか?

  • シェア
  • twitter
The following two tabs change content below.
三木 喜行

三木 喜行

26歳 o型 2月生まれ水瓶座
スヴェンソン上野スタジオ勤務 
役職 技術チーフ
専門学校卒業後都内の理容室勤務
2年働いたが、不動産の営業に転職
1年後、やはりお客様に直接感謝される仕事に就きたいと思い、床屋時代の先輩に紹介され、スヴェンソンに入社。
  • twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

月別アーカイブ