公開日: 2021年1月30日 - 最終更新日:2021年1月24日

必要不可欠な存在?毛髪業界が必要とされる理由

YukaYuka
  • シェア
  • twitter

こんにちは!池袋スタジオの田村です。

 

先日ネットのサイトでふと目についた現役美容師さんのつぶやきがありました。

 

「今勤めている美容室の待遇に不満があります。さらに美容室はコンビニより多いといい、潰れるお店も多いので、将来的に不安があります。そこで目についたのがCMなどで目にする事も多い毛髪業界です。毛髪業界に未来はありますか?」

 

との事でした。

 

この方に限らず、一般の美容師さんからするとその辺りって知らない人が殆どで、気になる所だと思います。

今回はその辺りについてお話しましょう。

 

この先も必要とされる業界

まず初めに、冒頭でお話しした質問の「毛髪業界に未来はありますか?」との問いについて、この先は私の一意見ですが、答えは「YES」です。

 

毛髪業界(育毛・増毛業界)はこの先も求められる業界だと思います。

人はいずれ年齢を重ねるにつれて薄毛になっていったり、毛髪にも変化が起きます。

また、病気や薬の影響で髪が抜け落ちてしまう事もあります。

それらの毛髪の悩みがあると、人目が気になるようになったり、帽子を常に被ってないと落ち着かない、人前に出るのが嫌になったりと、自信を無くして笑顔も消えてしまう人もいる程、人にとって毛髪は頭を守るだけでなく、重要な役割を果たしています。

その様な方の為に、私達が働く毛髪業界が存在するのです。

はるか昔から美容師が必要とされ消え失せない職業であるように、毛髪業界も今や簡単にはなくならない業界であると言えるでしょう。

今はAGAなどの治療も進んでいますが、効果が実感できるほどの人は、まだわずかです。

医療が更に進み薬などで髪が完全に元のように生えたり、育毛出来る様にならない限りは、毛髪業界のニーズはあると思います。

 

種類は様々

毛髪業界と一括りにしても、その中にはさらに細かく分類されています。

1番わかりやすいのが装着型の製品。一般的に皆さんがよく知るウィッグ(かつら)の事です。

また最近他社さんのCMなどでも良くみかける増毛。増毛は頭に生えている毛に、人毛や人工毛の毛材を結ぶタイプの技術です。

その他にも今ある毛を育てるという意味の育毛も毛髪業界のお仕事のひとつです。

 

さらに、製品(ウィッグ)の中でも種類は豊富にあります。

ピン(金具)で止めるタイプの製品や、すっぽりかぶるタイプの製品。女性が被るウィッグも製品のひとつです。その他にも前髪のみのタイプや、自毛の毛に直接固定するタイプなど様々です。

 

私も一般の美容室から転職して、毛髪業界に入りましたが、同じ美容師でも仕事は似ている様で違います。製品の種類や毛の知識など、今まで知らなかった情報が沢山ありました。

 

必要不可欠な存在

現在世界中で大問題のコロナウイルスですが、その影響で休業や倒産を余儀無くされている会社も多いと思います。

一時は美容業界も休業している店舗もあったと思いますが、私達スヴェンソンは休業することなく営業をしています。

スヴェンソンのお客様で製品(ウィッグ)を着けている方からしたら、私達が休業すると死活問題なのです。

スヴェンソンの編み込み式増毛という装着方法のお客様は約一月に一度程度の間隔でメンテナンスが必要です。メンテナンスを行えないと装着した製品が不安定になってくるので、気になってしまって日常生活にも影響が出やすいのです。

実際に緊急事態宣言発令中はお客様の来店数が多少減ったのは事実ですが、お客様にとっては必要不可欠な事なので安心して日常生活を送ってもらう為にも、休業する訳にはいかなかったのです。

もちろん、お客様の安全のために感染対策は十分すぎるほど徹底して行っています(^^)

 

さいごに

今回のコロナウイルスの問題もあってより明確に分かったことは、毛髪業界(私達スヴェンソン)は未曾有の危機の中でも必要とされるという事です。大袈裟な話、普通の美容室に1〜3ヶ月行かなくても生活に大きな支障がでてしまう人は少ないと思います。ですが、製品を着けている方からしたら死活問題です。私生活に支障がでるので、多くの方がメンテナンスに訪れます。

そのようなお客様がいる限りは求められ続ける仕事だと思います。

また、お客様の生活の一部を担っているという大きな責任のある仕事だと思います。

  • シェア
  • twitter
The following two tabs change content below.
Yuka

Yuka

池袋スタジオ株式会社スヴェンソン
スヴェンソン池袋スタジオ勤務 メンズ技術者
他社の美容室で4年間勤務した後、スヴェンソンに入社。
お客様の笑顔のために自分も笑顔を忘れず、日々営業しています。
好きな言葉:一期一会
  • twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

月別アーカイブ