公開日: 2020年12月27日 - 最終更新日:2020年12月25日

新型コロナの美容室への影響

古久根洋行古久根洋行
  • シェア
  • twitter

こんにちは、スヴェンソンの古久根です。

 

コロナ第三波が押し寄せる昨今、美容師の皆様も感染予防対策をしっかりされていることとおもいますが、それでも不安が残ることと思います。

こちら2020年3月時点で書いた記事なので、追記してみました。

 

 

銀座はコロナウイルスの影響ってどう?

COVIT-19こと新型コロナウイルス関連ニュースが日々報じられてますね。

先日銀座に立ち寄ったら、歩行者天国なのに人がまばらで大分影響してるなと実感しました。

 

ということで、今でも現役美容師である友人たちに銀座の美容室へ新型コロナの影響があるのか訊いてみました。

美容室オーナーK氏によると、「コロナの影響は大打撃」には至っていないとのことながら、物流に影響が出ている兼ね合いで待望の2号店オープンが少々遅れた模様です。

今のところはその程度ですが、まあまあ心配している様子が伝わってきました。

 

全個室型サロンで店長を務める美容師のM氏は前向き。

どうやら常連のお客様はタイミングを遅らせるなど影響は合ったものの、空いた枠に新規客の予約が入ってきているとのこと。

影響はあるものの、直近の売上にはほぼ影響なしということでしょうか。

これまで各店の店長が集まって実施していた会議を「WEB会議」に変更したようで

(^^)らしいです。

チェーン展開していると1か所に集まるの大変ですし、美容師だけに流行りに敏感ですね。

 

ちなみにスヴェンソンでも全国の店舗からマネージャーが集まる会議を、WEB会議で対応しましたよ。

スヴェンソン歴史のある企業ですがハイテクなんです!

 

以前にも登場した友人美容師の記事はこちら↓↓↓

銀座の美容師編

https://www.kokokamo.jp/blog/news/2718/

 

常連の客層次第なの?!

銀座の美容室から銀座の美容室に転職したT氏&カラーリストN氏

彼らは美容師なのにコンビで活動するニュータイプ。

芸人さんが移籍するように同じ店に移るので、お客様も通常より沢山ついて来てくれたとのことですが、持っていかれる側としては困りもの。。。

 

彼らの状況もやはり「大打撃には至っていない」ようです。

でも銀座はどの業種もかなり厳しい状況で先が見えないことから、気持ちの面できつくなってきている様子。

共通しているのは「新規が来ている」ことですが、これは在宅勤務やテレワーク、あるいはこの際休んでしまえといった方たちが活動しているのではないでしょうか?

また「年配の方は慎重」で「就労世代は活動的」な傾向。

恐らく女性にとって美容室は娯楽のひとつでもあるので、集まって何かするのが憚られる昨今では周囲に気兼ねせず娯楽も兼ねての需要があると思われます。

 

スヴェンソンは毎月来店されるお客様がほとんどなので、そういう意味では影響はほぼありませんが消毒やマスク着用といった対策は早い時点から徹底しています。

 

3月時点でのコロナ感染予防対策紹介記事はこちら↓↓↓

https://www.kokokamo.jp/blog/news/2711/

 

その後さらに徹底されたコロナ感染予防対策対策

https://www.kokokamo.jp/blog/atmosphere/4208/

 

感染予防以外にも美容師の働きやすい環境づくり

https://www.kokokamo.jp/blog/atmosphere/4064/

 

今後の見通し

 

今後の見通しは分かりませんが、

厚生労働省 死因順位(第5位まで)別にみた死亡数・死亡率(人口10万対)の年次推移(平成21年まで)によると日本だけで年間10万人以上が「肺炎」で亡くなっています。

厚生労働省リンク 

https://www.mhlw.go.jp/toukei/saikin/hw/jinkou/suii09/deth7.html

 

またWikipediaによると約100年前に「スペイン風邪」呼ばれ恐れられたインフルエンザ大流行はパンデミックの中でも最上位にランク付けされているとのことで、推定で1500~5000万人が死亡したとの説も。。。

スペイン風邪リンク

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B9%E3%83%9A%E3%82%A4%E3%83%B3%E3%81%8B%E3%81%9C

 

 

 

またWikipediaによると約100年前に「スペイン風邪」呼ばれ恐れられたインフルエンザ大流行はパンデミックの中でも最上位にランク付けされているとのことで、推定で1500~5000万人が死亡したとの説も。。。

 

確かに「新型コロナウイルス」は脅威ですが、必要以上におびえることはないと思います。

少なくともティッシュを買い占め程おびえる必要はないのではないでしょうか?

 

 

 

 

スヴェンソンへの影響

スヴェンソンでは今のところ平気ですが「もしも」の時を想定し、各セクションで準備しています。

もちろん今回の件だけでなく、災害備蓄も整えています!

 

でも一般の美容室からしたら「若干お客様が少ない」状況がしばらく続くとしたら、それは結構大きな影響になりますよね。

訊いた感じからすると2割減位なので、株価や経済の影響で財布の紐が堅くなることを見こすと最低でも半年は続きそう。

美容師は毎月歩合給で給料が変動することに慣れているのでしょうが、半年も業績が2割減だったとしたら個人経営のところは倒産もありうると思います。。。

仮に状況が改善しても、損失は取り戻せないですからね。

3.11のあと、当時勤めていた美容室では内定取り消しにはしなかったものの、社員の給料を一律カットせざるを得なかったことを思い出します。

 

スヴェンソンではそんな話題は全く上がっていませんよ。

 

まとめ 不況に強いスヴェンソン

 ◎美容室は意外にもコロナの影響を受けていない

 ◎年代によって慎重さに違いがありそう

 ◎着々と進めているデジタル化

 ◎皆さん、そろそろ自粛モードにくたびれてきているかも

 ◎スヴェンソンは全然平気だけど備えは万全

 ◎「肺炎」は元々死因第4位で年間10万人以上なので必要以上におびえない(個人の意見です)

 

スヴェンソンは創業35年以上の安定した企業で、ビジネスモデル的にも不況に強いことをこの機会にアピールさせていただきました。

 

個人経営の企業で働くことに疲れてきたら、一度スヴェンソンを検討してみてくださいね。

応募、見学の申し込みはこちらから↓↓↓

お気軽にどうぞ~(^^)

  • シェア
  • twitter
The following two tabs change content below.
古久根洋行
技術者採用担当:株式会社スヴェンソン
元々20店舗程度の美容室チェーンに勤務し、10年間以上にわたり新卒採用からスタッフ育成に携わってきました。現在はスヴェンソンで新規集客と、美容師・理容師の採用も担当しています。美容業界事情を踏まえて、いろいろな角度からキャリアに関する情報発信しています。
  • twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

月別アーカイブ