公開日: 2020年11月14日 - 最終更新日:2020年11月6日

美容師の働きやすい環境。”スヴェンソン”職場の様子紹介

YukaYuka
  • シェア
  • twitter

こんにちは。池袋スタジオの田村です。

 

転職する際に、次に働く場所がどんな環境なのか気になりますよね。

そこで今回は私が働く池袋スタジオを例にして、スヴェンソンではどんな環境で働くのかイメージしやすいように紹介いたします!

 

 

働きやすさの秘訣

スタッフにとって仕事しやすい環境って大事ですよね。

仕事の動線を意識しながら働くことで、作業効率アップにもつながると思います。

スヴェンソンの作業場(バックルーム)も動線を考えた働きやすい作りになっています。

上の写真が、池袋スタジオの作業場です。

ここは製品の洗浄、カラーリング、パーマなどを施します。

洗い場の後ろにすぐ作業テーブルがあるので、製品を洗浄してメンテナンスをするのにスムーズに行えます。

また横に長いテーブルなので何人ものスタッフが同時に作業を進める事ができます。

テーブルもステンレス素材でできています。

美容室ではカラー剤やパーマ液等の薬品を使いますし、白いテーブルなどでは汚れやすいのでステンレスならカラー剤が付いてしまって時間が経っていても拭き取るだけで綺麗になります。

ステンレス素材を使うアイデアも、歴代のスタッフの声から取り入れたそうですよ!

 

休憩時もゆったり

作業場のほかにも、昼休みにご飯を食べるテーブルも用意されています。

広々とした空間で大きなテーブルなので、スタッフで囲みながらご飯を食べる事もできます。

仕事中にカルテ記入や作業をするときは、壁際にあるテーブルで行います。

テーブルを使い分けることで仕事と休憩のスイッチを分ける事ができる所がいいと思います。

 

ロッカーもたっぷり

他にもスタッフ思いな面がこれです。

更衣室は男女で部屋が分かれており、ロッカーも大きめなので制服を入れたり通勤カバンを入れたりと自由に使えます。

また、先程の休憩スペースの近くにもロッカーがあります。

更衣室もより小さいロッカーですが、人目がある位置なのでここには貴重品を入れておきます。休憩時に使う歯磨きセットやお菓子などを入れてるスタッフも多いです。笑

また靴箱も用意されており、自分のロッカーに靴を入れなくて済むのは助かります!

 

さいごに

これもお客様が使う製品など、仕事で使うものを入れられるカゴが一人一人用意されています。

他にもハサミ等のシザーケースを収納する棚も用意されています。

このようなちょっとしたことですが、これもスヴェンソンのいい所だと思います。

一般的な美容室だとバックルームが狭かったり、ご飯を食べるスペースもしっかり用意されてなかったりしますよね。

働きやすい環境が揃っている職場で、私達と一緒に働きませんか?

 

  • シェア
  • twitter
The following two tabs change content below.
Yuka

Yuka

池袋スタジオ株式会社スヴェンソン
スヴェンソン池袋スタジオ勤務 メンズ技術者
他社の美容室で4年間勤務した後、スヴェンソンに入社。
お客様の笑顔のために自分も笑顔を忘れず、日々営業しています。
好きな言葉:一期一会
  • twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

月別アーカイブ