公開日: 2020年12月19日 - 最終更新日:2020年12月11日

“美容師の産休育休”産後復帰は難しい?ママ美容師として働き続けるには。

YukaYuka
  • シェア
  • twitter

こんにちは。池袋スタジオの田村です。

 

女性の美容師さんならいつかは気になるのが『産休・育休』

今まで美容業界では産休育休を取得する方は少なく、大半が出産を機に美容師を辞めてしまいます。

ですが最近では、女性の社会進出が進む中で産休育休を制度として組み込んでいる会社も増えてきています。

私が働くスヴェンソンもその中の1つなので、ご紹介します。

 

 

 

美容師の産後復帰の難しさ

 

美容師の産後復帰率が低いのはなぜでしょう。

そこには様々な要因が絡んでいることが多いです。一概にこれだけが原因とはいえませんが、美容業界的にもまだ産休育休が取れる仕組みがしっかりしている会社も、まだ多くは無いと思います。

まず、働いている会社(美容室)が社会保険に入っていない場合、産休育休の休暇が取れないので休職扱いにして手当を貰わずにただ休むのか、又はそのまま退職してしまう人が多いでしょう。

また産後復帰をした後も、美容師は体力仕事なこともあり、育児・家事・仕事を両立する自信がない。会社的にも時短制度などが無くフルタイムで働く事を要求される場合などは、続けていくのが難しいのが現状でしょう。

子供が大きくなり親の手が離せるようになれば、美容師として復帰したいと考えている女性も多いようです。

ですが、美容師は流行にも敏感に対応しなければなりません。

使っている商材や機械も新しいものがどんどん増えていきます。

それらを新しく日々覚えたり勉強したりするのもネックだと考える場合は、中々美容師復帰に踏み出せない要因の1つであるのかもしれません。

 

産後復帰のスタッフ多数

産後復帰を躊躇してしまう原因がある程度取り除ければ、プラスに考えられる人も増えるとおもいます。

スヴェンソンは社会保険完備な上、産休育休取得をしている女性スタッフが、今も多く存在します。また、産後復帰をされている働くママさん達も多く在籍しています。

この様に経験がある人(産後復帰している人)が多くいると、これから先子供が欲しいと考えている女性達も心強いですよね!

またフルタイムではなく、時短制度も存在します。夕方には仕事を終わらせて早めに帰れるので、そのまま子供の保育園の迎えに行くママさんが多いです。

 

ママ美容師のリアル

ココカモブログメンバーのK.Sさんも、ママ美容師の1人です。

以前にママ美容師の1日が詳しくわかるブログをアップしていました。

ママ美容師のリアルな1日の動きが把握できるので、ぜひご覧になってください!

https://www.kokokamo.jp/blog/atmosphere/3458/

 

また、池袋スタジオで働くOさんもママ美容師。

以前に私がインタビューをさせて頂きました。

率直なママ美容師の意見が書かれているので、こちらもぜひご覧になってください!

https://www.kokokamo.jp/blog/holiday/4585/

 

さいごに

私はまだ独身ですが、将来のビジョンとしては結婚して子供も欲しいと考えています。

美容師は体力勝負の面もありますから、子育てや家事をしながら仕事の両立を図るのは、とても大変な事だと思います。

だからこそ産後復帰したスタッフは、日々一緒に働いていて尊敬しています。

私も美容師をしながら、自分の思い描くビジョンを将来的に叶えられればいいと思いますし、スヴェンソンでなら叶えられると思っています。

 

ココカモブログがLINEでご覧になれます!

定期的に発信するので、ぜひLINE登録がお気軽にお願いします!

 ↓↓   こちらから ↓↓

  • シェア
  • twitter
The following two tabs change content below.
Yuka

Yuka

池袋スタジオ株式会社スヴェンソン
スヴェンソン池袋スタジオ勤務 メンズ技術者
他社の美容室で4年間勤務した後、スヴェンソンに入社。
お客様の笑顔のために自分も笑顔を忘れず、日々営業しています。
好きな言葉:一期一会
  • twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

月別アーカイブ